『地域支援事業』をするために、『明日から出来ること』をみんなで考えてみた‼

グループワークで出た意見のご紹介!!

①どんな活動『地域支援活動』をしたいか
介護予防体操、講演
施設職員に向けた講習会
地域のイベントへの参加
自身の存在を知ってもらう行動
自治会、商店街との連携(外に出る仕組み作り)

②誰と繋がるか
・市民、市民活動家、市民活動団体
・市民活動交流センター
・地域包括支援センター
・社会福祉協議会
・市町村の健康長寿課、高齢福祉課
・活動仲間
・コミュニティナース

③明日からできること
・②の施設、人に会いに行く
・   〃   メール、電話をする
・   〃   相談する
SNS:Facebook、Instagramなどを活用する、始める
・イベント、研修会に参加する
・通いの場を探して参加する
・活動している人の困りごとを聞きに行く
・住民として回覧板を見る

 

リハビリテーション専門職が地域でやれること、関われる人、明日すぐにできること
こんなにたくさんあるんです!!!

大事なのは1歩踏み出すこと

病院・施設という箱からでること、やりたいことを上司に伝えること、
自分の足で出向くこと。

 

踏み出せば変わります
僕も10月から本格的に地域で活動しています。
市民活動家として”0″から踏み出しています‼
👉焼津での活動はこちらをクリック:Facebook

 

地域で活躍したいリハビリテーション専門職のあなた!
お待ちしております❕❕

 

ホームページ担当:事務局長谷川